投稿者名 あーや。
投稿日時 2019-03-25 02:18:42
内容 ヴェルサイユビーハイブス

ヴェルサイユ条約で禁止された兵器の性能を複数持つ10cm×10cm×10cmサイズの蜂を超高速無尽蔵に生み出す女王蜂を無尽蔵に生み出すハチの巣を生み出す蜂のモンスターを多数生み出す巨大目玉モンスター複数を含める全てを生成し従える魔法少女だったもの。外見上は魔法少女とはほど遠い黒オフィススーツ上下。黒い長髪。態度は敵や餌には完全に人食ってるが素直に魔力を渡す人には優しく人あたりはいい。傷や疲労や病気を欠損などを含め完全に回復するローヤルゼリー魔法も使用可能
見る人が見れば、ずはちゃんが10年後になったらこんな感じになる。と返答するかもしれない。
数百年前最強と呼ばれた魔法少女は突如その姿を消した。老いを恐れた彼女は魔法少女から魔力を吸い上げ、さらに自らを魔力の蜂の集合体に変えることによりその若さを半永久的なものにすることに成功した。
だが魔法少女には限りがある。そこで小さい子供に蜂で針を刺し魔法少女へと目覚めやすくする因子を埋め込んだ
そして魔法少女として目覚めた少女から魔力を回収するのであった
あくまで魔力回収が目的のため「魔力を定期的にとれるだけ差し上げます」と返答すれば一切危害を加えずに帰してくれるし自分以外の魔物からも守ってくれる。自分が渡すから他の子はといった交渉にも約束を守るなら寛容。
拒否した場合魔力を元から奪い、魔法少女だった記憶を消される上に他の魔法少女の情報も奪われる。二度と変身はできない。


針はダムダム弾:着弾すると着弾点から広がる散弾。体内で広がるタイプだが殺傷が高いため致命傷になる部位には打ち込まない、もしくは直接狙わず散弾の破片を相手に当てる
針の毒と死骸からは誘雲型採尿ガス:透明無臭で空気中の水分を結露させ水分を強制的に利尿成分を溶け込ませ摂取させるためガスマスクは効かない。数回で脱水症状を引き起こす。これにより前頭葉の働きを阻害し耐える力を減らせる。最初はイライラが増え、中盤ではこらえ性がなくなり、後半では根性がなくなる。精神が折れやすくなる。精神力とか物理的になくなるので関係なし。
羽はジェット速度でボディは潜水艦級の水中行動可能:時速はやよいちゃんの2/3くらい。共にヴェルサイユ条約でドイツが製造禁止された
羽の鱗粉はマグネシウム:水分によって熱をもつため脱水症状にする他、通信機器などの電波を完全に阻害する
口には大口径砲:隠れた建物などを破壊するのに使用。一匹2発しか使えないが無数いるので問題なし
顎は噛みつくと電流による筋萎縮:もちろん蜂に流れても効かない。1匹でテーザー銃くらいの威力を有する
腹から生える触手:生殖器に近い。それで体内に卵状の生物を産み付ける。不快感を与えるだけで別に孵化もしなければ害もなければ身体を傷つけることもないが不快感が精神を蝕む
当然殺虫剤の類は効かない。火には弱いが燃えながら飛び回るため大火事が確定する
これが常時相手の2m範囲に5~20程度いるように蜂を配置する。1匹の女王を護衛する蜂はおよそ100匹。
倒されれば女王が蜂を生み出し、女王が倒されたら、巣で女王が、巣が壊されると蜂の魔物が、蜂の魔物が倒されるといった形で穴埋めしていく。それらは目玉の魔物以外は自動で行われる本体にたどり着くには気が遠くなるような時間と運が必要になる。相手の魔力も「自動で生成される」なので魔法少女自ら生み出さない限り消費しない
蜂は視覚聴覚以外に温度や魔力でも追尾するため完全に撒くことは不可能
ターゲット以外の魔法少女にも直接危害を加えられない限り攻撃などは一切行わない完全無視。

常時これらが襲い掛かるため睡眠や入浴はおろかきちんとした食事はおろか用を足すことさえままならない状態が延々続くことになる

ここまで説明 ここからが戦術

基本5~20の蜂を常時配置するが、相手の精神を追い詰めることを主目的にしているためその状況によってその数を増減させる(1匹の女王蜂につき最大保有数10000。女王も1000。巣は100。蜂魔物は10。目玉は3。)
食事や睡眠などを欲する場合はその数を100にも1000にも増やす
逆に催尿効果の時(1回目、2回目のみ)数を減らし倒せたら用が足せるという希望を持たせて少し少し追加してぎりぎり行くに行けない状況にして限界にして精神ダメージを負わせる

逃げようが籠城しようが蜂は消えない。心身共に衰弱したところを捕獲し本体であるビーハイブスのところへと運ばれる。そして武装解除され魔力を根こそぎ奪われてから交渉タイム。
もしくは心が折れた場合彼女が直接出向いて交渉に入る。折れたふり、をしても温度などでばれるので嘘は通じない。自殺なんてできない。蜂の速度も含め全力で止めにくる。
撃破し続けようともそこで倒した場合、全く関係ない地で目玉モンスターを召喚生成を繰り返す彼女にたどり着くことはできない
さらに目玉を1匹倒すと、そいつが生み出した系列の全ての蜂や怪人が空を覆うように蜂の群れが盛大に視界を覆いつくし、心をへし折りにくる。
せっかく苦労して倒した矢先にその光景は絶望の一言である。
一か所に留まるわけではないので手掛かりのないままビーハイブスを探して見つけ出す。これしかない。

こいつを倒すのに必要なものは敵を一切倒さず、仲間を見殺しにしてでも逃げる、一般人を見殺しにしてでも逃げる、何があろうと逃げおおす、そして判別のつかないままビーハイブスを殺すという魔法少女が持つ強さと全く逆の強さを持ってなくてはいけないのである意味魔法少女の天敵

心が折れて泣き叫んで失禁しながら命乞いして無様に這いずり回って逃げるような心の折れ方をした場合のみ目の前に現れてくれる。そして交渉が始まる。

つまり折れずに戦って倒す、ではなく、完全に折れないと目の前に現れてくれない、という特殊なタイプである。

これは不取羽恋の心を折る物語である……
対戦希望 不取羽 恋
投票数 160
戻る